teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 商品化して欲しい試合(94)
  2. プロレス思い出のカード(115)
  3. プロレスの会場を紹介するスレ(137)
  4. プロレス見たいカード(12)
  5. プロレス思い出の逸話(63)
  6. プロレスラーのニックネームを網羅するスレ(76)
  7. プロレス幻のカード(152)
  8. プロレスに関する謎&疑問(141)
  9. プロレス記念日(142)
  10. プロレスのタイトル(ベルト)を考察するスレ(144)
  11. プロレス見たかったカード(161)
  12. プロレス思い出のシリーズ(165)
  13. プロレスラーの技を紹介するスレ(183)
  14. プロレスのタッグチーム(186)
  15. プロレス入場テーマ曲(昭和新日編)(241)
  16. プロレス思い出の軍団抗争(40)
  17. プロレス入場テーマ曲(全日本編)(41)
  18. プロレスのギミックを紹介するスレ(58)
  19. 掲示板&ブログ&wiki(8)
  20. プロレス観戦歴(20)
スレッド一覧(全23)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


群馬のアジアタッグ

 投稿者:JIN  投稿日:2017年 9月21日(木)21時55分39秒
返信・引用 編集済
  > No.8442[元記事へ]

> 群馬~開催ゼロ。

 なんと初の群馬開催が決定との事!

 来週の30日のヤマダグリーンドーム前橋で、現王者コンビにノムヤギが挑戦。

 このコンビのアジアタッグ挑戦は実に二年以来の待望だっただけに、個人としても感無量。

 合計年齢の最年少挑戦者記録としては、遂にエリック兄弟に間に合いませんでしたが、もし奪取すれば王者記録としてはエリック兄弟を更新するだけに、その意味でも注目。

 二年前の八王子に続き、久しぶりの遠出観戦になりそうですが、とにかく楽しみです。

http://8246.teacup.com/freeres/bbs/t23/16

 
 

魁勝司vs佐山聡

 投稿者:JIN  投稿日:2017年 9月20日(水)23時40分19秒
返信・引用
  > No.8497[元記事へ]

> この日は佐山聡のデビュー戦でもありました

 後楽園ホールでのデビューは期待の現われだそうですが、まさにこの時期のデビューが佐山のその後を決めた感じですね。

 とにかく当時から試合センスは良かったそうですが。
 

アントニオ猪木vsピート・ロバーツ

 投稿者:JIN  投稿日:2017年 9月20日(水)23時37分12秒
返信・引用
  > No.8497[元記事へ]

> 76年5/28後楽園での開幕戦
> 試合は猪木のショルダータックルからのバックドロップであっさりとピートロバーツをフォールしました

 ありがとうございます。

 やはりアリ戦に向けてのインタヴューなんかやってたんでしょうか。
 

Re: アントニオ猪木&ストロング小林vsハンス・シュミット&ブル・グレゴリー

 投稿者:JIN  投稿日:2017年 9月20日(水)23時34分51秒
返信・引用
  > No.8496[元記事へ]

> 一本目小林のシュミットバックブリーカーから猪木のニードロップ、小林のボストンクラブでグレゴリーギブアップ

 本家シュミットの前で見せるというのがポイントですよね。

 とにかくここは小林をアピールと。
 

Re: アントニオ猪木vsキラー・カール・クラップ

 投稿者:ジュニア  投稿日:2017年 9月20日(水)01時46分43秒
返信・引用
  > > この猪木vsクラップの試合はDVD猪木50周年記念BOXに入っています
>
>  第一回から始まるクラップとの因縁の最終決着という感じの一戦ですね。
>
>  ここまではワールド大リーグのみの参加だったというのも凄いですが。
>
>  あとこれがおそらくアリ戦前の猪木のラストマッチだったんでしょうか。
アリ戦前のラストマッチは76年5/28後楽園での開幕戦
vsピートロバーツ戦ですね
試合は猪木のショルダータックルからのバックドロップであっさりとピートロバーツをフォールしました
この日は佐山聡のデビュー戦でもありました
 

Re: アントニオ猪木&ストロング小林vsハンス・シュミット&ブル・グレゴリー

 投稿者:ジュニア  投稿日:2017年 9月20日(水)01時28分24秒
返信・引用
  一本目小林のシュミットバックブリーカーから猪木のニードロップ、小林のボストンクラブでグレゴリーギブアップ

2本目猪木がグレゴリーにドロップキック、入ってくるシュミットをもドロップキックでリング下へ転落させると隙をつきグレゴリーをロープへ振りコブラツイストでグレゴリーまたもギブアップ

日本側がストレート勝ちをおさめました
 

アントニオ猪木&ストロング小林vsハンス・シュミット&ブル・グレゴリー

 投稿者:JIN  投稿日:2017年 9月18日(月)10時39分48秒
返信・引用
  > No.8493[元記事へ]

> DVD猪木50周年記念BOXに入っています

 大阪での猪木vsクラップの前のラインアップで目に付いた一戦。

 とにかく動くシュミットが貴重という感じですが、パートナーのグレゴリーも気になる存在。

 どうもその前の(シンvs猪木のNWF戦が行われた)モントリオール遠征からの縁みたいですが。
 

アントニオ猪木vsキラー・カール・クラップ

 投稿者:JIN  投稿日:2017年 9月18日(月)10時28分20秒
返信・引用
  > No.8493[元記事へ]

> この猪木vsクラップの試合はDVD猪木50周年記念BOXに入っています

 第一回から始まるクラップとの因縁の最終決着という感じの一戦ですね。

 ここまではワールド大リーグのみの参加だったというのも凄いですが。

 あとこれがおそらくアリ戦前の猪木のラストマッチだったんでしょうか。
 

Re: 坂口征二&ストロング小林vsペドロ・モラレス&ビクター・リベラ

 投稿者:ジュニア  投稿日:2017年 9月17日(日)16時24分45秒
返信・引用
  > > 北米タッグは5/13大阪府立大で行われました
>
> いわば追撃戦の形だったんですね。
>
> 北米タッグの挑戦者のピークは怪力コンビの時期という感じですが、これもその一つですね。
>
> 当日の猪木のカードも気になりますが。
猪木はキラーカールクラップと対戦しました
この猪木vsクラップの試合はDVD猪木50周年記念BOXに入っています
 

坂口征二&ストロング小林vsペドロ・モラレス&ビクター・リベラ

 投稿者:JIN  投稿日:2017年 9月17日(日)12時46分40秒
返信・引用
  > No.8491[元記事へ]

> 北米タッグは5/13大阪府立大で行われました

いわば追撃戦の形だったんですね。

北米タッグの挑戦者のピークは怪力コンビの時期という感じですが、これもその一つですね。

当日の猪木のカードも気になりますが。
 

Re: 坂口征二vsストロング小林

 投稿者:ジュニア  投稿日:2017年 9月17日(日)03時20分58秒
返信・引用
  > このカードとなると、前年の蔵前開幕戦のメーンがやはり代表ですが、この時は北米タッグ王者同士だったんですよね。
>
> その意味でも注目なわけですが、モラレス&リベラとの防衛戦は決勝戦の後だったんでしょうか。

そうです、優勝戦は5/11で北米タッグは5/13大阪府立大で行われました
 

アントニオ猪木vsタイガー・ジェット・シン

 投稿者:JIN  投稿日:2017年 9月16日(土)12時50分26秒
返信・引用
  > No.7416[元記事へ]

> 48年のNWF直前この福山で猪木vsシンの日本初ランバージャックデスマッチを行い、田中米太郎レフリーが見つめるなか猪木がバックドロップで倒したらしいです

 無冠時代の猪木とシンの最初の決着戦ですよね。

 この次がNWF戴冠後の翌年で、腕折り事件も発生と。
 

Re: 坂口征二vsストロング小林

 投稿者:JIN  投稿日:2017年 9月15日(金)13時29分22秒
返信・引用 編集済
  > No.8486[元記事へ]

このカードとなると、前年の蔵前開幕戦のメーンがやはり代表ですが、この時は北米タッグ王者同士だったんですよね。

その意味でも注目なわけですが、モラレス&リベラとの防衛戦は決勝戦の後だったんでしょうか。
 

坂口征二vsアニマル浜口

 投稿者:JIN  投稿日:2017年 9月15日(金)00時26分19秒
返信・引用
  > No.8486[元記事へ]

> 坂口のブレーンバスター自体も珍しく80年代には使用してはいませんね

 敢えて言えばこの試合くらいでしょうか。

 しかしやはり小林と浜口ではウェイトが違いますよね。

 (とにかく写真をありがとうございます!)


 あと浜口から見れば、とにかくデカイ相手に真っ向勝負を挑む姿が良かったですよね。

 そのハイライトがやはり二年以上後の鶴田戦だったわけですが。
 

坂口征二&長州力vsアンドレ・ザ・ジャイアント&ザ・ハングマン

 投稿者:JIN  投稿日:2017年 9月15日(金)00時21分42秒
返信・引用
  > No.8482[元記事へ]

> 北米タッグにアンドレ&ハングマンで挑んでいたら坂口&長州はピンチだったと思いますね

 決勝戦の日での対戦は、やはり「なぜ北米タッグ王者コンビでリーグ戦に出場しない」という意見に答えるためという感じもしますね。

 北米タッグへのアンドレの挑戦は黄金コンビ時代のみですが、思えばMSGシリーズ開始以後のアンドレはNWFも含めたタイトル戦線には一切絡まず、別格のリーグ戦要員になってましたね。
 

Re: 坂口征二vsストロング小林

 投稿者:ジュニア  投稿日:2017年 9月14日(木)02時33分16秒
返信・引用
  > > 坂口が小林にブレーンバスターからの体固めでフォール勝ちしました
>
>  意外とありそうでなさそうな小林へのブレーンバスターですよね。
>

坂口のブレーンバスター自体も珍しく80年代には使用してはいませんね

>  その場面の写真とかも見たい物です。
 

坂口征二vsストロング小林

 投稿者:JIN  投稿日:2017年 9月13日(水)22時34分55秒
返信・引用
  > No.8475[元記事へ]

> 坂口が小林にブレーンバスターからの体固めでフォール勝ちしました

 意外とありそうでなさそうな小林へのブレーンバスターですよね。

 その場面の写真とかも見たい物です。
 

坂口征二vsマサ斎藤

 投稿者:JIN  投稿日:2017年 9月13日(水)22時31分58秒
返信・引用
  > No.8475[元記事へ]

> 坂口は斉藤にリングアウト勝ち

 このシリーズにおけるマサの公式戦の唯一のテレビマッチでしたか。

 このカードとなると、やはりプレ日本選手権を思い出しますが、前の二大会ではどうだったんでしょうか。
 

ストロング小林vsビクター・リベラ

 投稿者:JIN  投稿日:2017年 9月13日(水)22時28分32秒
返信・引用
  > No.8475[元記事へ]

> 小林がリベラに回転エビ固めでフォール負け

この試合も見たい一つですね。

どういう構図とタイミングで決まったかも含めて。
 

Re: ストロング小林vsタワーリング・インフェルノ

 投稿者:ジュニア  投稿日:2017年 9月13日(水)01時15分18秒
返信・引用
  > > 小林がタワーリングインフェルノをロープ越しブレーンバスターからのアトミックドロップでフォール勝ちしました
>
>  いかにもB級といった感じの名前ですが、後のハングマンだったんですね。
>
>  僅か四回の来日だったみたいですが、いずれも興味深いシリーズばかりで。

前年75年ワールドリーグ戦ではスーパーデストロイヤー
77年には覆面を被りハングマンで、
80年MSGタッグのアンドレとのコンビで出場しましたが、この80年MSGタッグの12-10大阪府立で坂口&長州vsアンドレ&ハングマンの試合がありましたが、長州がアンドレのヒップドロップに敗れました
北米タッグにアンドレ&ハングマンで挑んでいたら坂口&長州はピンチだったと思いますね
 

レンタル掲示板
/294