teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


もらった優勝

 投稿者:EDANE  投稿日:2015年 8月30日(日)21時16分40秒
  2015年6月28日 天気 晴れ

LOC 第2戦 富士スピードウェイ


ここ富士スピードウェイ用に準備してきたCB750 racer 2号車は、当日までに間に合いませんでした。
そこで、いつもの1号車で走る事になり、セッティングを変更して前日のテスト走行をします。
ファイナルが合っていませんが、替えがないので明日はこのままで走ります。
エンジンは絶好調!、念のためオイルパンをはずして点検してみると、崩れたテンショナーローラーとつぶれたワッシャーが出てきました。これは酷いです。でも交換する時間がないので、不安を抱えたままで当日を迎えます。
予選では、イイ走りができました。でも各コーナーでのギアの選択に迷いがあります。
決勝は、ポールポジションからのスタートでしたが、スタートでミスってしまい3台に抜かれるも1コーナーでは2位に上がりました。1位との差があまり変わらないまま2周目に突入!しかし、コカコーラコーナーでクリップをはずし、外側に膨らみコースアウト寸前!!このタイムロスで1位との差がさらに広まり、戦闘意欲を喪失!このあとは、2位のポジションをキープする事にして走り切りました。
結果は2位でしたが、1位の方がプロのライダーと言う事で優勝を辞退し、繰り上げで私が優勝になりました。チョッと複雑な気持ちですが、皆の祝福に応えます。来年の富士は自力で優勝したいです。
 
 

開幕戦

 投稿者:EDANE  投稿日:2015年 4月 5日(日)21時38分11秒
編集済
  2015年3月29日 天気 晴れのち雨

LOC 第1戦 筑波サーキット

私の750レーサーは、シーズンオフの間にホイールの組み替えとタイヤの交換など足回りのセッティングを大幅に変更して今回のレースに備えました。前日の練習走行では安定したイイ走りができたので、今日は総合3位以内を狙います。
なんと、予選ではトップ勢に引けを取らない走りで2位という好成績でした。そして決勝は、スタートで3番グリットからトップに躍り出た#115 GUZZIに#145 GUZZIが続き3位が私の#750です。私は、1コーナーでシフトミスのため前車と少し差がついてしまいましたが、懸命な走りで追いかけます。スロットル全開!エンジンンは高回転をキープしたまま軽やかにサーキットを走ります。すぐ後ろから#77 KAWASAKI H2の猛追を受けているので油断できません。他車の接触転倒による救急車の出動やイエローフラッグ、オイル旗の提示で混乱している中、私は周回遅れの車両を上手くパスでき、最終ラップで#145 GUZZIを抜く事ができました。そのまま、わずかな差の2位でゴール!やりました。
今回は、悩んでいたセッティングが決まり、トップ勢の中を走る事ができて本当に満足でした。
次は、高速サーキットの富士スピードウェイで表彰台を狙います。



 

なんで?

 投稿者:EDANE  投稿日:2015年 4月 5日(日)19時54分59秒
  2014年12月7日 天気 晴れ

LOC 第4戦 筑波サーキット

筑波サーキットの最終コーナーでバイクが暴れないようにセッティングするために、11月から練習走行を始めましましたが、まだ解決策が見つかりません。タイヤのグリップ感を得られない上に低い路面温度で今日のレースを迎えました。
エンジンは調子いいのですが、ラップタイムもいつもより5秒以上遅いです。予選は10位と不甲斐ない結果になりました。練習では何度も転びそうになったので、転倒だけは避けたいところです。
決勝では苦肉の策でタイヤのエアーを低くして臨みましたが、良い結果は得られないで終わってしまいました。 残念っ!! でもクラス3位。いや~喜べないな・・・
こうして、難しい課題を残したまま今シーズンを終えました。

 

スタートで失敗

 投稿者:EDANE  投稿日:2014年10月30日(木)11時58分37秒
  2014年8月31日 天気 くもり

LOC 第3戦 筑波サーキット

今日もエンジン絶好調!予選までは順調に事が進み、決勝のスターティンググリットは2位。
フロントグリットからのスタートって、とても緊張します。第1戦のスタートの時は、フロントが浮き上がってしまったので、今回はスプロケットの歯数を増やしてみました。その結果、いつものクラッチミートでは失速してしまい、1コーナー進入時には、5位になってしまいます。ところが、3周目に入ったところで赤旗中断になってしまいました。数分後に再スタートです。
さあ、次は決まるでしょうか?・・・やっぱダメでした。今度は4位からの追い上げです。1周目の第2ヘアピンを立ち上がったところで3位になりますが、2位との差は少し離れています。ところが、3周目のバックストレートで2位の車両がマシントラブルでリタイア。これで私が2位となりましたが、私のラップタイムでは、1位のグッチには追いつけません。このままのポジションでゴールです。
予選決勝共に2位と言う事で、レース内容は置いといて、表彰台をゲットした事には嬉しいです。
次回までに、スプロケットの変更と最終コーナーで暴れるマシンのセッティングを決めないと、もう良い結果は望めないでしょう。



 

なんて日だ!

 投稿者:EDANE  投稿日:2014年 8月24日(日)12時32分30秒
編集済
  2014年6月29日 天気 曇り

LOC 第2戦 富士スピードウェイ

この日のために、製作期間約1カ月という短い期間で富士仕様のレーサーを作りました。
Rickman フレームにSOHC最強エンジンを積んでベストコンディションで挑みたいところですが、テスト走行が出来ないままでの出場になってしまいました。予選走行開始ギリギリまで調整をして他の出場者より遅れたコースイン。始動を嫌がるエンジンに鞭打って勢いよく飛び出し、時速約100キロ位でブレーキの性能テストのつもりでフロントブレーキを強く掛けた瞬間、ジャックナイフで縦に転倒!意識はあるが、体を強打したため動けず救急病院へ・・・幸い大事には至らなかったが、あっけなく終わってしまった今年の富士。とても残念です。振り返れば、ここ2、3日嫌な事ばかり続いていたな。悔やんでいても仕方ない!来年までにマシンを仕上げて、必ずリベンジします。
 

改良型エンジンで挑む

 投稿者:EDANE  投稿日:2014年 5月 1日(木)20時37分23秒
  2014年4月20日 天気 くもり

LOC 第1戦 筑波サーキット


今シーズンは、改良型エンジンで戦います。今までは、どちらかと言えば高速サーキット向きでしたが、このたびオーバーホールと共に改良を加え、筑波サーキットのようなテクニカルサーキットにも対応できるようセッティングを変更してみました。しかし、ぶっつけ本番で挑むこのレース。どんな結果がでるのでしょうか?
暖気場でエンジンに火を入れ、各部の最終調整をします。今までより始動性が良くなり、吹け上がりもいいです。
期待を膨らませながら予選が始まりました。性格がガラッと変わったエンジンに戸惑いながらの走行でしたが、3位というポジションには満足です。

決勝のスタートの時間となりました。レッドシグナルがブラックアウト!いつものようにクラッチミートからスロットルを全開。すると、フロントタイヤが浮いてしまった。すぐにスロットルを戻したが、1コーナー進入時に#8が前に入ってきた・・・ヤバイッ! でもDUNLOPコーナーの立ち上がりで抜き返す。(現在2位)1位とは少し離れたが諦めずに追いかける。なんと、4周目の最終コーナでシフトダウンした時にミスってしまいました。エンジンとの回転が合わずにリヤタイヤが波打つように暴れ、後ろにいた#77に抜かれた。(現在3位)
暴れ馬をなだめるように体制を整えたが前との差は広がってしまった・・・
そのままの順位でゴール!総合3位、クラス2位という結果でした。今回は、ミスの多いレースとなってしまったので、次回までにこの暴れ馬を乗りこなせるようがんばります。
 

Side by Side

 投稿者:EDANE  投稿日:2013年12月10日(火)12時28分42秒
  2013年9月29日 天気 晴れ

LOC 第3戦 筑波サーキット

今年最後のレースです。ここ筑波サーキットでもそろそろ表彰台に上がりたいのですが、上手くいくでしょうか。
私は、事務局の手伝いで朝の車検係の役目を終えた後、自分のマシンの走行準備を始めます。エンジンの始動点検をする暖気場にて、キック一発!今日もエンジン絶好調。(それなのにあとでトラブルが起きるなんて・・・)

予選

予選開始直前にタイヤのエアーが少ない事に気づきました。「しまった!入れ忘れてるwww~」
「しかたない。このままでいくか・・・。」
エンジンスタート!
あれっ!掛からない?他の車両は、私の横を続々とコースインして行きます。何度もキックしようが、押しがけしようが掛かる気配なし。時間だけが過ぎてゆき、皆が諦めかけた予選終了2分前、やっとエンジンが目覚めました。慌ててコースインするもタイヤのエアーが少ないのでコーナーではタイヤがグリップしてくれません。1周だけのタイムアタックでしたが、6位でなんとかセカンドグリットを得ることができました。
押しがけを手伝ってくれた方々、本当にありがとうございました。

決勝

2列目イン側の6番グリットに着きます。
すぐにエンジンが掛かるのか。ロケットスタートが決まるのか。無事にゴールできるのか。不安と緊張でいっぱいです。スタート前に各ポストの確認とタイヤを温めるためのサイティングラップを2周します。またもや、すぐにエンジンが掛からず、少し焦りましたが、爆音を響かせ走り出します。

さあ、緊張の瞬間です。  レッドシグナルがブラックアウト!!
全神経を指先に集中し、絶妙なタイミングでクラッチミート!一気に吹け上がる爆音と共に3位に浮上。3位走行中の今なら表彰台。始まったばかりだけど、すぐにでもチェッカーフラッグを受けたいところだ!
2周目に#71にロックオンされた。
最終コーナーで暴れる自分のマシンにイラ立ちを感じる今日この頃・・・。 ってなことを言っている場合ではない。#71はすぐ後ろだ!
3周目の最終コーナーで並ぶ。そのままサイドバイサイドで立ち上がる。両者とも譲ることなく、時速130キロで接触ー!!
お互い自己ベストタイムで競うガチンコ対決!このバトルを制したのは、#71のBMWを駆る鈴木さんでした。私は、負けた悔しさよりもバトルを楽しんだ方が大きかったです。そして、より速く走るために自分に足りないところを教えてもらったので、それを改善して来年の戦いに臨みたいと思います。

応援とサポートして頂いた皆様、本当にありがとうございました。今回は4位で終わってしまいましたが、来年は、ここ筑波での表彰台に立つ姿を必ずお見せしますので、またお越しください。
 

念願の初優勝!

 投稿者:EDANE  投稿日:2013年 8月 1日(木)14時03分18秒
編集済
  2013年6月30日 天気 曇り

LOC 第2戦 富士スピードウェイ

富士スピードウェイのレースは人気が高く、毎回参加者も増えています。ここで優勝できれば、私の仕上げた CB750 Racer の速さを証明できるわけで、負けられない、勝たなければいけないレースなのです。私のレーサーは、ここのコースの100Rと300Rで、コーナーリング中にチャタリングを起こして暴れてしまいます。今回は、フロントショックを交換して改善を図りましたが、まだ成果を得られないままです。この2か所でのタイムロスを他で挽回するには、長いストレートを生かした最高速とブレーキングしかないでしょう。

予選
できるだけ多くのクリアラップができるよう早めにコースインします。エンジン、キャブ、足周りのセッティングはイイ感じです。エンジンは10000回転を超え、絶好調で周回を終えました。
やりました!ポールポジションです。2位の#100との差は0.9秒しかなく、この選手は、鈴鹿8耐に出場しているライダーなので要注意です。

決勝
他のクラスのレースで、オイル漏れのトラブルが発生!コース半周に渡り、石灰を撒いてオイルの処理が行われましたが、路面が滑りやすく、コースコンディションは最悪です。これでは、広いコース幅を生かしたライン取りができません。決勝は30分遅れでのスタートとなりました。
レッドシグナルが消え、全車一斉にスタート! 私は、1コーナーのホールショットを決め、2コーナーを抜けていきます。3コーナーに来た時にオイル処理で撒かれた石灰のラインに目を奪われた一瞬の隙に#100にイン側から抜かれてしまいます。そして、300Rでその差はさらに広がりました。ストレートで追いつこうとしますが、#100のナナハンも速いです。差を縮める事ができません。ならば、1コーナーのブレーキングで、・・・・・なんとかギリギリのところで前へ出ました。
しかし、今度は300R手前でギヤ抜けを起こしてしまい、また#100に抜かれました。私は、連続するコーナーで離されないようピッタリと追尾し、次のストレートで勝負します。
最終コーナーを上手く立ち上がり、#100の後ろで LOCK ON! スリップストリームで吸い込まれるように接近し、メインスタンド前で一気に抜き去る事に成功。その後は、周回ごとに2秒ずつ差を広げていきゴールしました。ちょっと残念だったのは、オフィシャル側のミスでトップチェッカーを受けられなかった事です。でも、念願の優勝という名誉を手にする事ができて本当に良かったです。
今回のレースの応援に来てくれた方々とサポートしてくれたスタッフに感謝です。


 

近くて遠い表彰台

 投稿者:EDANE  投稿日:2013年 5月18日(土)21時12分34秒
  2013年4月14日(日) 天気 晴れ

LOC 第1戦 筑波サーキット

開幕戦を準備万端で迎えた750レーサ。今シーズンは3戦しかないので、リタイアすることなく走り切りたいものです。暖気場でエンジンを始動、レスポンス良く吹け上がるエンジン音を聴いていると入賞への期待が膨らみます。

予選
今回は新品タイヤ装着なので、しっかりとグリプするまでに3周の走行が必要です。
ところが、急にリヤタイヤの回転が重くなりエンジンスターターの力ではレーサーのエンジンが掛かりません。何度か繰り返し、隣に居た方にも手伝ってもらってやっとエンジンが掛かったものの、皆より2周遅れのコースインでした。それでも4周走行中の4周目にベストラップが出て、決勝のスターティンググリットは4番目です。少しホッとしました・・・。

決勝
サイティングラップが始まりましたが、コース上で、またもやエンジンが掛かりません。すぐにスターターでの始動を諦めて押し掛けで、無事にスタートします。そして、一度掛かったエンジンは絶好調でスターティンググリットに戻ってきました。間もなくレッドシグナルが消え、決勝がスタート!
今回もロケットスタートが決まり、私は3位で1コーナーに進入します。
しかし、スタート直後は大混戦です。DUNLOPコーナーで#8が前に来たっ! でも次のシケインで抜き返す。私は、そのままオープニングラップを3位で通過。しかし、同じコーナーで今度は#71に抜かれた。その差は、周回ごとに少しずつ開いていきますwwww。追いつくことができないまま、単独4位でゴールしました。 残念だけど表彰台はまだだなぁ・・・
 

無念のリタイア

 投稿者:EDANE  投稿日:2012年12月 8日(土)19時00分28秒
編集済
  2012年11月25日(日) 天気 晴れ

LOC 第4戦 筑波サーキット

極寒の朝を迎えた最終戦。毎回セッティングを替えて挑んでいますが、今日のセッティングには自信があります。エンジンのレスポンスも非常にイイです。

予選が始まりました。今日は路面温度が低いので、2周目になってもタイヤがなかなか温まらない・・・ 。徐々にエンジンの回転を上げて3周目を終えたところで、マシントラブル発生!タイムアタックができないまま予選終了。結果は32台中16位で、真ん中からのスタートとなった。
しかし、急に高回転時に吹けなくなった原因がハッキリしないので、早く解決しなければならない。
そんな時、プライベートで訪れた宮城 光さん(HONDAの契約ライダーでMoto GP解説者)が登場。 HONDAの古いGPレーサーからF1マシンまでのテスト走行をされている宮城さんからマシンセッティングについて、少しだけお話ができました。

昼食の後、フューエルラインの点検とキャブセッティングを変更し、エンジンを始動するも症状は変わりません。原因は点火系の故障のようです。部品の交換をしたくても部品も時間もありません。

決勝スタート前のサイティングラップが始まり、コースインしましたが、とても戦える状態ではないので、リタイアを決意。残念ながら、最終戦はリタイアになってしまいましたが、今年は、富士で3位、筑波でも3位という成績を残すことができました。毎回、お手伝いと応援に来てくれる息子の翼と高橋さんには感謝しています。来シーズンもよろしくお願いします。  
 

レンタル掲示板
/3