teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


さあ!

 投稿者:みゆ  投稿日:2013年 1月18日(金)16時01分20秒
返信・引用
  2月28日迄にひととおり覚える目標。NHK,武田好、イタリア語単語帳。
1日37語計算。後半ほど苦戦するはず。今日は102語(単に過去の復習)。
動詞から始める。
今更ながらi-pod touch を使い始め。最初のダウンロードはこれでした。CD付きの本も昔買ったのを持ってる。例文は、確かに厳選されている。過去の700英文を覚えたように、ずっと簡単な構造だけれどこの文ごと覚えるつもりで。
 
 

さて

 投稿者:みゆ  投稿日:2013年 1月18日(金)08時37分52秒
返信・引用
  あたらしく  

レオナルド監督インタビュー♪

 投稿者:padrona  投稿日:2011年 3月 9日(水)12時41分15秒
返信・引用
  YouTube はありがたい。「長友初ゴールその2」で検索すると、インタビューがそのまま再度見られました!

テレビの字幕は「短期間で 少ない試合の中で 真価を発揮しているけど このゴールで さらに華をそえたね」です。さて聞き取れたのは・・・

E ... in pochissimo(pochissimi?) tempo(tempi?) e pochissime? partite,

aggalla? de? via? deve?... <お手上げです>
(aggallare? 水面に浮かび上がる,3単現))

ha mostrato super goal,
(mostrare? show, 見せる、提示する, 過去分詞)

ma un goal corona senza altro.  Dicciamo questo e`? somme?.
(sommo, 形容詞,最も高い、偉大な。語尾はeにはならない...)
(sogno, 名詞、夢、の複数形はsogni、語尾はeにはならない...)

・・・「あ!わかる!」と言うにはおこがましい状態ですが、Cで覚えたばかりのcorona も出てきて、まぁ今はこれで良しとしましょう。1年後には全部聞き取れる・・・ことを願って。
 

A2 レベル

 投稿者:padrona  投稿日:2011年 3月 8日(火)16時49分0秒
返信・引用
  と思うと、また、自分の高卒時の英語レベル到達にははるか遠い、と思うと悲しくなるけれど。嬉しいことも。サッカー、インテルの長友が初ゴール。その後のレオナルド監督のコメントがテレビで昨日流れたが、そのイタリア語を聞いていて「あ、わかる(?)」 :-) だから、ファイト、ファイト!  

英語学習を思い出しながら

 投稿者:padrona  投稿日:2011年 3月 8日(火)16時43分55秒
返信・引用
  ・・・と日本語を書くと自動的に"Ricordando..." と頭の中に出てくる。オッケー。

さて過去の英語学習時と対比しながら、ここ数ヶ月から1年の、イタリア語学習の戦略をたてた。

英語の勉強には当時相当の時間を使った。
高校2年時に私の場合、某模試で英語語彙数6000、と判定を受けた。高校2-3年時に、伊藤和夫の英文解釈教室を自習し、同じく駿台の基本英文700選を覚えた。もちろん高校の英語の授業はあり、よい授業だった(と思う)。大学入試の2次試験に長文英作文があったが、上記の勉強をした自分にとっては、英作文は割と得意科目だった。特に会話練習もしなかったし、外国人と話す練習もしなかった。この時点で海外旅行に行き、現地の教師青年と、若者の現状や将来展望について質疑応答ができた。1対1、かつ、ゆっくりではあるが、やりとりの内容的には問題ないレベルでできた。この時点でのレベルは下記の通り。

1)語彙:6000
2)文法:上級(難解と言われる『英文解釈教室』-旧版-を完了させられた。大学生時より大学受験予備校で英語の講師ができた。)
3)表出:『基本英文700選』のレベルがすらすら言える

上のリストを見ると、現在の私は、2)文法、のレベルがイタリア語でまだ初級レベル。だから3)表出、の練習も低いレベルになる。具体的には、3)のために、放送局 の『書ける!話せる!実用文例800』を暗記しようと入手したが、今の自分には、すらすらと覚えられない文例だったのでいったんお蔵入り。「表出」の練習レベルは、文法と語彙のレベルに依存すると痛感した。

今の計画(授業・教材)は下記の通り。
1)語彙:まずは使いこなせる語彙2400。中辞典で。

2)文法:
①E先生の文法授業を継続受講(この授業について、日常的に復習が足りないことを反省・・・)。4月からの1年間で、命令法、未来形、接続形現在、形容詞比較級、最上級など、の予定らしい。文法のみというより、「総合」なので、語彙も、会話も、文化も、あれこれ並行して学べる。先生も、生徒たちの語彙・展開・理解を助けようと、いつも沢山板書して教えてくださる。本当に有り難い。教科書自体が「総合」だけに、復習しないと頭がごちゃごちゃになり、学習内容が定着しない。大反省。あぁ、でもこれでもまだA2 レベルなの。涙。
②1)の中辞典の文章で、文法が正しく把握できないものの疑問を解消していく。特に、現時点でさっぱりわかっていないのが"si" 類の用法。代名詞。イタリア語って、代名詞の使い方がひとつ、特徴的なのかな? 代名詞の理解/運用が、中級から上級へ進めるか否かの分かれ道だとも聞く。
③まだ初級の私としては、白水社の練習問題集で挫折するよりは、初級レベル文法書付随の練習問題で、丁寧に確認をしていく方が確実だと思う。手元にある一ノ瀬『しっかり学ぶ』から開始。これが終わってから次を考える。

3)表出:あまり知られていない?イタリア語作文の本で。「スパゲッティはおいしいです」のレベルから始まり、最後の1000番頃には「彼は一呼吸おいてこう切り出した」「情報が日々行き交う中で大切なことは、常に正しい情報をつかもうとする態度を持つことだ」まで進む本。
 

Ora posso dormire tra due cuscini?

 投稿者:padrona  投稿日:2011年 3月 8日(火)09時53分43秒
返信・引用
  dormire tra due cuscini = まくらを高くして(安心して)眠る

さて、2月23日に、辞書のSおよびCで始まる基本単語(2400語)に、一通り目を通し終わった。といっても単語とその日本語の意味を目で追っただけだけれど。
その後ずっと書き込みはしなかったけれど、コツコツ、続けていた。素晴らしい!:-)

思い切って、まず“C”で始まる単語(基本語)について、その語義欄を全て読んだ。そして「読む時に理解したい」または「話す時に使いそう」なイタリア語の文章や熟語や、動詞との結びつきなどに、マーカーを引きながら読み進めた。しかも、大学受験以来の、昔懐かしい「緑」「赤」の暗記ペンを使用。今後は赤や緑のシートで隠して、イタリア語を思い出せるように復習を続ける予定。本当に「こつこつ」やっています。根を詰めて数十ページ連続でこの作業をすると、「脳(のある部分)が痛いなぁ~」と感じる。

いま、この投稿のタイトルが示すように、"cuscino" まで、つまりCの最後まで読み終えました。この中辞典は1ページAから、Zの終わりまでが1742ページ。そのうちCは210ページで、全体の12.06パーセントにあたる。あ、イタリア語表記だと 12,06 per cento ね。
 

SとC

 投稿者:padrona  投稿日:2011年 2月23日(水)00時11分12秒
返信・引用
  Sで始まる、大見出し語は一通り見終わり(夜/翌日午前)、Cを見始めました(翌日夜・Cの3分の1終了)。SよりCの方が、若干頭に入ってきにくい(記憶が難しい)印象。あるいは、この頭が、既にSで飽和しちゃったか? 明日はイケアのシンポジウムがあるので、ペースとしてはCが一通り終わるかどうか?というところ。
 

sparare in porta

 投稿者:padrona  投稿日:2011年 2月22日(火)10時06分0秒
返信・引用
  (サッカーで)強烈なゴールをきめる

sparare balle
でたらめ(うそ八百)を言う

raccontare balle
うそ八百を並べる

balla「梱・包」の他に、 ((親))でたらめ、うそ
と書いてある。「うそ八百」って親密語?!
 

Scusate le spalle.

 投稿者:padrona  投稿日:2011年 2月22日(火)09時57分41秒
返信・引用
  背中を向けてごめんなさい。

battere sulla spalla di qlcu.
(注意をひくために)<人>の肩を軽くたたく。
 

辞書

 投稿者:padrona  投稿日:2011年 2月22日(火)03時30分33秒
返信・引用
  単語集(本)を、恥ずかしながら何冊か持っている。どれも2000語程度。その利点はもちろんあるのだが、今日、はたと思った。「辞書を読んで覚えればよいのでは?」と。
伊和中辞書の場合、約2400語は見出し単語が大きく表示されている。約2000では理解できる/作文できるイタリア語も相当限られる(はず)。この壁を早く越えたい。イタリア語読解で語彙を増やしていくのは、基本2000語のあとの話ではないか? まずは2000語! 最低5-6000覚えないと話は始まらないはずだ。2000語は3月中に覚えよう!(突然) 辞書を見ると"S"と”C”の見出しが多かった。だからS、克服すべき(?)si のS。ここから、大見出し語だけピックアップして覚えることにした。

単語帳よりも(この)辞書がよいのは、対応英語が書いてあること(ニュアンスがつかみやすい)。そして豊富な例文、イディオムも若干あること。単語1つ1つの表情をとらえやすいこと。今日始めて、sabato からsopportareまで読み進めた。あれ? 意外とサクサク進める。 また単語集では見たっけ?というscambio, scelta等の語も入ってくる。読みながら覚えながら、大学受験時代の感覚が少し蘇った。たのしい。いや、苦しいのだけれど、何か、がむしゃらであることが楽しい。
この心の灯を消さないように、邁進・・・しよう、という、予定。
 

レンタル掲示板
/2