teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. プロレス入場テーマ曲(全日本編)(49)
  2. プロレスのタイトル(ベルト)を考察するスレ(184)
  3. プロレスラーの技を紹介するスレ(188)
  4. プロレス(の出てくる)作品を紹介するスレ(29)
  5. プロレスのタッグチーム(191)
  6. プロレス幻のカード(163)
  7. プロレス思い出のカード(122)
  8. プロレス記念日(148)
  9. プロレス見たかったカード(170)
  10. プロレス思い出の軍団抗争(43)
  11. プロレス思い出のシリーズ(172)
  12. プロレスのギミックを紹介するスレ(62)
  13. プロレス見たいカード(18)
  14. プロレスに関する謎&疑問(146)
  15. プロレスの会場を紹介するスレ(146)
  16. 商品化して欲しい試合(100)
  17. プロレス入場テーマ曲(昭和新日編)(245)
  18. プロレス思い出の逸話(67)
  19. プロレス観戦歴(22)
  20. プロレスラーのニックネームを網羅するスレ(80)
スレッド一覧(全26)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


豊登&ジャイアント馬場vsクルト・フォン・ストロハイム&ビル・ドロモ

 投稿者:JIN  投稿日:2020年11月26日(木)22時51分18秒
返信・引用
  > No.9668[元記事へ]

五十六年前の今日、1964年11月26日高知県民ホールで行われた、アジアタッグ選手権試合。


後にアジアヘビー王者としてアジアタッグに挑戦する、ドロモが初挑戦。

試合はニードロップの応酬から豊登がドロモにパイルドライバー。

 
 

スタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディvsバリー・ウィンダム&ロン・フラー

 投稿者:JIN  投稿日:2020年11月25日(水)23時20分50秒
返信・引用 編集済
  > No.448[元記事へ]

三十七年前の今日、1983年11月25日大阪府立体育会館で行われた、世界最強タッグ決定リーグ戦。


大阪府立という大箱で開幕を行った、この年の最強タッグ。

その最初にいきなり超獣コンビと初来日のバリーが対戦。

当然に前年のリッキー&ジェイ並みの活躍が期待されたが、それには及ばずか。
 

ラッシャー木村&阿修羅原vsハーリー・レイス&ジェシー・バー

 投稿者:JIN  投稿日:2020年11月24日(火)22時51分0秒
返信・引用
  > No.8589[元記事へ]

三十五年前の今日、1985年11月24日能代市体育館で行われた、世界最強タッグ決定リーグ公式戦。


レイス最後の最強タッグの公式第一戦。

元国際コンビも奮戦で時間切れに。
 

大木金太郎vsドン・デヌーチ

 投稿者:JIN  投稿日:2020年11月24日(火)22時44分45秒
返信・引用
  > No.9555[元記事へ]

四十九年前の今日、1971年11月24日姫路市厚生体育館で行われた、アジアヘビー級選手権試合。


サンマルチノの懐刀で来日のデヌーチの貴重な挑戦試合。

最後は大木の頭突きが炸裂。
 

小橋健太&秋山準vs大森隆男&高山善廣

 投稿者:JIN  投稿日:2020年11月23日(月)15時57分44秒
返信・引用 編集済
  > No.9505[元記事へ]

二十一年前の今日、1999年11月23日岩手県営体育館で行われた、世界最強タッグ決定リーグ公式戦。


前シリーズ最終戦の世界タッグ戦に続いて行われた、バーニングvsノーフィアー対決。

そしてここでもバーニングが勝利を。

 

スタン・ハンセン&ベイダーvsゲーリー・オブライト&ジャイアント・キマラ

 投稿者:JIN  投稿日:2020年11月23日(月)15時52分11秒
返信・引用
  > No.9168[元記事へ]

二十二年前の今日、1998年11月23日博多スターレーンで行われた、世界最強タッグ決定リーグ公式戦。


これもまた忘れられない大型対決。

アマレススタイルのキマラが善戦するも、最後はベイダーの一撃に。
 

ジョン・テンタ&高野俊二vsクラッシャー・ブラックウェル&フィル・ヒッカーソン

 投稿者:JIN  投稿日:2020年11月23日(月)13時15分48秒
返信・引用
  > No.9708[元記事へ]

三十二年前の今日、1988年11月23日大分県荷揚町体育館で行われた、世界最強タッグ決定リーグ公式戦。


間違いなくこの年における超大型対決。

結果は俊二がヒッカーソンにニードロップ。
 

ジャンボ鶴田&谷津嘉章vsタイガーマスク&仲野信市

 投稿者:JIN  投稿日:2020年11月23日(月)09時28分32秒
返信・引用
  > No.9124[元記事へ]

三十三年前の今日、1987年11月23日水戸市民体育館で行われた、世界最強タッグ決定リーグ公式戦。


旧ジャパン勢の合流で実現した、クロスオーバー対決。

最後は鶴田が仲野をロープギロチンに。
 

スタン・ハンセン&テッド・デビアスvsリック・マーテル&トム・ジンク

 投稿者:JIN  投稿日:2020年11月23日(月)09時23分45秒
返信・引用 編集済
  > No.9517[元記事へ]

三十四年前の今日、1986年11月23日後楽園ホールで行われた、世界最強タッグ決定リーグ公式戦。


先日のファンクスで一躍注目を浴びた、マーテル&ジンクの次なる注目試合。

最後は両リン持ち込みに。
 

スティーブ・ウィリアムス&マイク・ロトンドvsバリー・ウィンダム&ケンドール・ウィンダム

 投稿者:JIN  投稿日:2020年11月22日(日)19時59分52秒
返信・引用
  > No.8690[元記事へ]

ちょうど二十年前の今日、2000年11月22日高知県民体育館で行われた、世界最強タッグ決定リーグ戦。


この年の最強タッグにおける外人頂上対決。

最後はバリーが元パートナーのロトンドをフォール。
 

スタン・ハンセン&大森隆男vsゲーリー・オブライト&サブゥー

 投稿者:JIN  投稿日:2020年11月22日(日)19時44分17秒
返信・引用 編集済
  > No.9563[元記事へ]

二十四年前の今日、1996年11月22日岡山武道館で行われた、世界最強タッグ決定リーグ公式戦



これが唯一の最強タッグ参加となるサブゥー。

また前年ではコンビを組んだハンセンとオブライトの対戦試合。

勝負はサブゥーがムーンサルトで大森をフォールするも、この対戦は翌年早々のアジアタッグにも持ち越し。
 

ラッシャー木村&マイティ井上vsダグ・ファーナス&ダニー・クロファット

 投稿者:JIN  投稿日:2020年11月22日(日)19時28分18秒
返信・引用
  > No.9650[元記事へ]

二十九年前の今日、1991年11月22日高松市民文化センターで行われた、世界最強タッグ決定リーグ公式戦。


共にこれが最後の最強タッグ出場となる元国際コンビとアジアタッグ王者の対決。

なかなかに注目な取り合わせだが、最後はクロファットが井上にタイガードライバー。
 

ジャイアント馬場&アンドレ・ザ・ジャイアントvsダイナマイト・キッド&ジョニー・スミス

 投稿者:JIN  投稿日:2020年11月22日(日)19時18分40秒
返信・引用 編集済
  > No.9826[元記事へ]

ちょうど三十年前の今日、1990年11月22日岡山武道館で行われた、世界最強タッグ決定リーグ公式戦。


間違いなくこの年の大会における最大のミスマッチ対決。

時間的に七分余りだったみたいですが、やはりアンドレとキッドの対決が気になるところ。
 

ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンクvsアブドーラ・ザ・ブッチャー&TNT

 投稿者:JIN  投稿日:2020年11月22日(日)14時27分25秒
返信・引用
  > No.8579[元記事へ]

三十三年前の今日、1987年11月22日後楽園ホールで行われた、世界最強タッグ決定リーグ公式戦。


ブッチャーの全日本復帰によって実現した、ファンクスとの再会マッチ。

結果はファンクスの反則暴走で勝利。
 

ジャンボ鶴田&天龍源一郎vsキラー・カーン&テリー・ゴディ

 投稿者:JIN  投稿日:2020年11月22日(日)14時23分14秒
返信・引用
  > No.4147[元記事へ]

三十四年前の今日、1986年11月22日後楽園ホールで行われた、世界最強タッグ決定リーグ戦。


カーンとゴディにとって初の最強タッグ参戦。

最後はゴディが椅子を持ち出して反則負けに。
 

ラッシャー木村vsアレックス・スミルノフ

 投稿者:JIN  投稿日:2020年11月22日(日)14時13分40秒
返信・引用
  > No.9797[元記事へ]

ちょうど四十年前の今日、1981年11月22日新宮市体育館で行われた、IWA世界ヘビー選手権試合。


一本勝負で行われ、結果は木村のリングアウト勝ち。

翌年の国際には参加していないだけに、あるいはこれが最後のタイトル戦か。
 

木戸修vs剛竜馬

 投稿者:JIN  投稿日:2020年11月22日(日)14時07分56秒
返信・引用
  > No.9046[元記事へ]

四十二年前の今日、1978年11月22日小浜市民体育館で行われた、プレ日本選手権予選リーグ戦。


格的に注目の一戦であるが、ここでは剛が勝利。

当時における剛に対する扱いの大きさも分かる。

 

川田利明&渕正信vsバリー・ウィンダム&ケンドール・ウィンダム

 投稿者:JIN  投稿日:2020年11月21日(土)22時11分51秒
返信・引用
  > No.8606[元記事へ]

ちょうど二十年前の今日、2000年11月21日岡山武道館で行われた、世界最強タッグ決定リーグ公式戦。


三度目の最強タッグ参戦となるバリーに、二度目のケンドール、そして兄弟コンビとしては初参戦。

そして最後は渕がケンドールを逆さ押さえ込みに。
 

ジャイアント馬場&本田多聞vsスタン・ハンセン&ゲーリー・オブライト

 投稿者:JIN  投稿日:2020年11月21日(土)21時57分50秒
返信・引用
  > No.8605[元記事へ]

二十五年前の今日、1995年11月21日札幌中島体育センターで行われた、世界最強タッグ決定リーグ戦。


前年までチームを組んでいた、馬場とハンセンの久しぶりにして最後の公式戦対決。

そして最後は初参加のオブライトが多聞をケサ固めに。
 

三沢光晴&川田利明vs小橋健太&菊地毅

 投稿者:JIN  投稿日:2020年11月21日(土)21時48分27秒
返信・引用
  > No.2375[元記事へ]

二十九年前の今日、1991年11月21日大阪府立体育会館で行われた、世界最強タッグ決定リーグ公式戦。


最後にして最大の全盛期となる「怪物」鶴田と共に、全日本史上最大の全盛期を作った「超世代軍」同士による公式戦。

ニ十分近い激闘の末に、三沢が菊地にタイガードライバーを。
 

レンタル掲示板
/354