teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. プロレス入場テーマ曲(全日本編)(49)
  2. プロレスのタイトル(ベルト)を考察するスレ(184)
  3. プロレスラーの技を紹介するスレ(188)
  4. プロレス(の出てくる)作品を紹介するスレ(29)
  5. プロレスのタッグチーム(191)
  6. プロレス幻のカード(163)
  7. プロレス思い出のカード(122)
  8. プロレス記念日(148)
  9. プロレス見たかったカード(170)
  10. プロレス思い出の軍団抗争(43)
  11. プロレス思い出のシリーズ(172)
  12. プロレスのギミックを紹介するスレ(62)
  13. プロレス見たいカード(18)
  14. プロレスに関する謎&疑問(146)
  15. プロレスの会場を紹介するスレ(146)
  16. 商品化して欲しい試合(100)
  17. プロレス入場テーマ曲(昭和新日編)(245)
  18. プロレス思い出の逸話(67)
  19. プロレス観戦歴(22)
  20. プロレスラーのニックネームを網羅するスレ(80)
スレッド一覧(全26)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:6056/7070 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

フランク・バロア&ダン・ミラーvs力道山&豊登

 投稿者:JIN  投稿日:2013年 6月 7日(金)23時47分18秒
  通報 返信・引用 編集済
  > No.32[元記事へ]

 実に五十三年前の今日、名古屋金山体育館で行われた、アジアタッグ選手権試合。


 この四年半前の、初代王者決定戦以来、実に三度目の挑戦にして、ようやく力道山がアジアタッグのトロフィーを手にした一戦。

 (ただし試合内容としては、実に一方的なストレート勝ちだったとの事で、二本とも力道山が怒涛の空手チョップでミラーを叩きのめした模様。)


 この時点のファンとしてはまだ気が付かなかったはずですが、実はこれが史上初の「国内定着タッグ王者」の誕生した瞬間。

 あくまで一時的にしか存続し得なかった「太平洋岸タッグ」や「ハワイタッグ」と違い、ここにようやくシングルのインター選手権に並ぶ王座が確立したというわけで。


 またもう一つはここで豊登がタイトルを初戴冠したという点。

 吉村のように、当時まだまだ錯綜した日本プロレスの内部において、同じ相撲出身の直系である、豊登が定着タッグ王座のパートナーとなり、「後継者」「ナンバーツー」的ポジションを得た事の意義は大きい。

 (この辺りの構図は、後の全日本初期における、馬場&鶴田のインタータッグ王者にも通じる物がある。)


 そして最後に特筆すべきが、会場である「金山体育館」。

 この記念すべき一戦をはじめ、結果的に、力道山時代で最も数多くのアジアタッグ戦が行われる場所となり、まさに最初の「アジアタッグの聖地」としての立場を確立。

 (現在の「聖地」は当然に、後楽園ホール。)

 遂には「力道山最後のタイトル戦」となる、アジアタッグ戦も行われたわけで、その意味でもまさに象徴的と。

http://w.livedoor.jp/ajiatag/d/%ce%cf%c6%bb%bb%b3%a1%a1%cb%ad%c5%d0

 
 
》記事一覧表示

新着順:6056/7070 《前のページ | 次のページ》
/7070