• [0]
  • プロレス思い出のシリーズ

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2013年11月 5日(火)12時43分9秒
 
こちらはシリーズ単位で。

単発のビッグイベントもお願いします。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [172]
  • 82サマーアクションシリーズ(全日本)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2019年 8月14日(水)21時57分38秒
  • 返信
 
>>171

レイスが衝撃のUN奪取を果たしたシリーズ。

当時、自分の実家の町にも回ってきており、シンとマスカラスの大きく乗ったポスターは記憶に残っています。

https://8246.teacup.com/freeres/bbs/9389


  • [171]
  • 91サマーアクションシリーズ(全日本)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2018年 7月16日(月)08時00分32秒
  • 編集済
  • 返信
 
>>14

こちらも世界タッグとアジアタッグのタッグ抗争が特筆。

世界タッグは二度、アジアタッグは三度移動と。

https://8246.teacup.com/freeres/bbs


  • [170]
  • 全日本インターチャンピオンシリーズ(1981)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2018年 4月30日(月)09時13分2秒
  • 編集済
  • 返信
 
>>100

> 終盤『インターチャンピオンS』との兼合いも有ったと思われますが?

今日は最終戦から三十七年。

ブリスコは日本最後、そしてブッチャーも全日本第一次のラストマッチ。

復活インターの決定トーナメントもさりながら、久しぶりのファンクスのインタータッグ挑戦に、ブリスコのUN挑戦も。

http://8246.teacup.com/freeres/bbs/965


  • [169]
  • Re: 第1回IWA世界タッグトーナメント(1977)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2018年 3月 3日(土)13時01分48秒
  • 返信
 
>>112

> …『BJクイン&KVヘス』『バション&ジョー』『キューバン・アサシンズ』『クレイボーン&稲妻』の外人4チームは当時の国際のブッキングルートで精一杯の感じですが

決勝で浜口&寺西を破った、クイン&ヘスの一日天下が印象的ですね。

とにかく翌日の草津との初戴冠も含め、帰国後にワンショルダーとなった浜口の売り出しというニュアンスが強い感じですが。

  • [168]
  • Re: 新春黄金シリーズ(1983年)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2018年 1月28日(日)00時06分17秒
  • 編集済
  • 返信
 
>>3

> ジュニア戦線はタイガーマスク、ブラックタイガー、小林邦昭、グラン浜田の4強がしのぎを削った。

他にテレビだけでも、星野やエストラーダ、ミショネロスが絡んでましたよね。

ジュニアさんの指摘によれば、ノーテレビの部分で剛や寺西も関わっていた感じ。

まさに表に出たのは「氷山の一角」と言っていいくらいの大激戦ぶりと。

http://8246.teacup.com/freeres/bbs/8671


  • [167]
  • 95世界最強タッグ決定リーグ戦

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2017年11月18日(土)15時18分14秒
  • 編集済
  • 返信
 
>>155

今日は開幕戦から二十二年。

やはりオブライトの最強タッグ参戦にはワクワクさせられました。

そしてこの年は史上初の「上位二チームの優勝決定戦」に「世界タッグ返上無し」。

また結果的に最後の四天王対決にして、馬場とドリーの最後の参加。

更にRVD唯一の参加も。

http://seesaawiki.jp/saikyoutag/d/95%c0%a4%b3%a6%ba%c7%b6%af%a5%bf%a5%c3%a5%b0%b7%e8%c4%ea%a5%ea%a1%bc%a5%b0%c0%ef


  • [166]
  • Re: 新日本1975『闘魂シリーズ』

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2017年 6月20日(火)11時13分2秒
  • 返信
 
>>84

> 前半戦のA猪木欠場による『坂口対Jパワーズ』やクライマックス『猪木対ルー・テーズ』も影が薄くなるほどの『ハリウッドブロンドス』八面六臂シリーズでした!?

 ルージョーやサンドーといった「隠れ実力者」についても興味を引かれますね。

 あと特別レフェリーのロッカにも。

  • [165]
  • 87チャンピオンカーニバル(全日本)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2017年 4月 2日(日)11時54分18秒
  • 返信
 
>>162

ちょうど三十年前に行われていたシリーズ。

長州一派の離脱が確定し、谷津の孤軍奮闘ぶりがとにかく印象に残った。

  • [164]
  • Re: 新日本1975『闘魂シリーズ』

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2016年12月18日(日)12時44分12秒
  • 返信
 
>>84

 今回のプロレス事件史シリーズ最新号で詳しく触れてましたね。

 ロスでのブロンドスとの北米タッグ防衛戦から全ては始まると。

  • [163]
  • Re: (無題)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2016年 8月 2日(火)23時16分42秒
  • 返信
 
>>162

> 三沢タイガーと小林邦昭の絡みが名物になったころ。

 このシリ-ズでは、インタージュニアが井上、キッド、小林と移動してましたね。

 そして次の武道館で三沢タイガーが初挑戦と。

  • [162]
  • (無題)

  • 投稿者:MISAWA
  • 投稿日:2016年 7月30日(土)02時07分7秒
  • 返信
 
全日の激震サンダーウォーズですね。
確か、ロードウォーリアーズが2度目の来日。JAPAN軍も全日に定着して、
鶴田、天龍、長州、谷津がバリバリの頃。三沢タイガーと小林邦昭の絡みが名物になったころ。

  • [161]
  • Re: 昭和55年サマーファイトシリーズ

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2016年 7月17日(日)12時00分44秒
  • 返信
 
>>146

このシリーズとしては、やはり藤波の負傷が大きいですね。

蔵前での「涙の直訴」の場面は、やはりフルで見たいところですが。

http://8246.teacup.com/freeres/bbs/1592


  • [160]
  • Re: IWGP

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2016年 6月 4日(土)13時49分16秒
  • 返信
 
>>120

>…私には『IWGP』の価値は世界各地のプロモーターにより提唱された当時を「100」としたら…現在は「30」の価値しか例えられません!?…

 それこそ新間氏ならば「ゼロだ!」と叫びそうですね。

 未読ならば、どうか現在刊行中の特集本をお勧めします。

  • [159]
  • Re: 新春黄金シリーズ(1980年)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2016年 4月13日(水)00時12分18秒
  • 返信
 
>>47

> ハンセン台風、ウエスタンラリアートの猛威は止むことを知らず、シリーズ前半で猪木を負傷欠場に追い込み、シリーズ天王山の2-8東京体育館ではついに猪木からNWFヘビー級王座を奪取した。

 まさに怒涛の「八十年代」の開始ですよね。

 ここから僅か二年と思えぬ新日本での「ハンセン時代」も始めると。

  • [158]
  • Re: 『プレ日本選手権』(1978新日本)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2016年 3月12日(土)13時08分15秒
  • 返信
 
>>110

> 『Bバックランド』のワンマッチ以外の外人レスラーが無かったのですからギャランティの面から成功の部類でしょうか?…

 むしろこの部分こそがこのシリーズの最大の謎なんですよね。

 なんで「日本選手権」を巡るシリーズに、バックランドまで呼ぶ必要があったのかって。

  • [157]
  • Re: 正に画期的かつ斬新な「日本リーグ争覇戦」!!

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2016年 1月19日(火)19時17分2秒
  • 返信
 
>>81

> …国際がデスマッチ抜きで1シリーズ乗り切ったのですから特筆すべき事象でした!

 最新のプロレス事件史シリーズで取り上げ中ですね。

 「全日本から新日本へ」の提携相手のチェンジ部分も必見ですが。

  • [156]
  • オープン選手権大会

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年12月 6日(日)12時39分1秒
  • 返信
 
>>51

> 全日本の伝説的イベント1975「オープン選手権」

 今日は遂にその開幕から「四十年」!

 シングルでの「豪華メンバー」となれば、まさにこれを指すといってもいいくらいの画期的なイベントと。

http://alljapan.1616bbs.com/bbs/alljapan_tree_pr_451.html


  • [155]
  • Re: 78世界最強タッグ決定リーグ戦

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年11月28日(土)08時08分5秒
  • 返信
 
>>153

> …対『ファンクス』、対『ロビンソン、アンガス』はアメプロマニアには垂涎カードでした!!

 そして彼らとの「ワルツ」の後が、ブッチャー&カマタとの「ジルバ」でしたよね。

 (ニックの有名な格言「ワルツにはワルツ」「ジルバにはジルバ」からすると。)

 当時全盛のカマタも良いですが、やはりブッチャー&シークとの対戦が見られなかったのも残念か。

  • [153]
  • Re: 78世界最強タッグ決定リーグ戦

  • 投稿者:ドゲンドルフ
  • 投稿日:2015年11月26日(木)13時23分54秒
  • 返信
 
>>152…『Nボックウインクル&BJランザ』をキャスティングしたのは称賛モノでした!100%AWAテイストのグレイトチームでしょう!…対『ファンクス』、対『ロビンソン、アンガス』はアメプロマニアには垂涎カードでした!!…私は『スチーブンス&ボックウインクル』『Gガニア&ブランゼル』『マリガン&ランザ』『ロビンソン&マクダニエル』『ラシク&ホフマン』『馬場&Vガニア』『鶴田&天龍』等で「AWAタッグトーナメント」を全日本で催して欲しかったのですが、G馬場のNWAでのポジションで無理なリクエストでした!?

  • [152]
  • 78世界最強タッグ決定リーグ戦

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年11月25日(水)21時29分51秒
  • 返信
 
>>21

 亡きニック・ボックウィンクルの思い出となれば、やはりどうしても欠かせぬ全日本での初参加シリーズ。

 防衛戦こそ無かったものの、現役のAWA世界王者の参加は「最強タッグ」の最初の大きな箔となったはずと。

http://seesaawiki.jp/saikyoutag/d/78%c0%a4%b3%a6%ba%c7%b6%af%a5%bf%a5%c3%a5%b0%b7%e8%c4%ea%a5%ea%a1%bc%a5%b0%c0%ef


  • [151]
  • Re: サマーファイトシリーズ(1975・新日本)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年11月 8日(日)12時20分4秒
  • 返信
 
>>150

> …猪木も奪回したばかりのNWFの初防衛戦をスルーしていたのですからネームヴァリューは有ってもエース格「Hシュミット」「バーナード」ではモノ足らないのは明白でした!(北米タッグには挑戦しましたが黄金コンビも問答無用にロートルコンビをストレートで葬りました!)

 猪木がシンからNWFを奪回した試合の解説でもシュミットをアピールしてましたよね。

 シンのNWF防衛ラインアップの中にもしっかり入れてたりして。

http://8246.teacup.com/freeres/bbs/1634


  • [150]
  • サマーファイトシリーズ(1975・新日本)

  • 投稿者:ドゲンドルフ
  • 投稿日:2015年11月 4日(水)05時33分19秒
  • 返信
 
NWF&モントリオールのB級レスラーだけの谷間シリーズでした!?(「アンドレ&シン」「Hブロンドス&テーズ」が前後に来日。)…猪木も奪回したばかりのNWFの初防衛戦をスルーしていたのですからネームヴァリューは有ってもエース格「Hシュミット」「バーナード」ではモノ足らないのは明白でした!(北米タッグには挑戦しましたが黄金コンビも問答無用にロートルコンビをストレートで葬りました!)…「シュミット」が新日本旗揚げシリーズに参加していたらインパクト有ったのでは?他の「Gポワゾン(カナダ版のR木村!?)」「Bグレゴリー」「Oモルナー」「Gルイス」も名バイプレイヤーですが華が無さすぎでした! 1人位マスクマンが居ても!!

  • [149]
  • Re: 80ジャイアントシリーズ(全日本)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年10月31日(土)13時06分57秒
  • 返信
 
>>127

> 『テリー&マードック(ファンクスより機動力が上では)』『ブッチャー&カマタ』

 三十五年前の今日は、ちょうどこの二チームが特別試合で戦ってたんですね。

 この僅か一年後の新日本で「対戦拒否事件」が起きると。

  • [148]
  • Re: 80ジャイアントシリーズ(全日本)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年10月13日(火)19時20分53秒
  • 返信
 
>>127

> …ちょうど「鶴田」「ブッチャー」「テリー」の三竦みの『UN選手権』が無ければ「スタッド」が「鶴田」のチャレンジャーに選抜された可能性が有ったかも知れません!

 今日はちょうどブッチャーが鶴田から奪取の日。

 そもそもブッチャーのUN挑戦自体が初と知って驚いたくらいでしたが。

http://8246.teacup.com/freeres/bbs/1981


  • [147]
  • Re: 80サマーアクションシリーズ(昭和55年・全日本)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年10月 8日(木)13時40分19秒
  • 返信
 
>>145

> ブルーザー・ブロディが3度目の来日にしてピンのエースを任されたシリーズでした。(以前はFVエリック、BVラシク、Bロビンソン等と同時招聘) 半年前のPWF戦(G馬場が反則含みで2vs1)もこのシリーズでのUN戦(J鶴田1vs1から両リン)も微かな記憶しか有りません!やはり彼の淡白なファイトのせいなのでしょうか~

 新日本で台頭してきたハンセンに対抗するかのような、当時のブロディの抜擢ぶりですが、まだ時代と合わない感じですね。

 とにかくこの年は、トロントも含めた、一連のインタータッグ連続挑戦の印象が強い感じです。

http://alljapan.1616bbs.com/bbs/alljapan_tree_pr_388.html


  • [146]
  • re: 昭和55年サマーファイトシリーズ

  • 投稿者:プロレス時報
  • 投稿日:2015年10月 5日(月)15時34分49秒
  • 返信
 
自分も同感です。フィルポのTV登場は少なかったのは確かですが、週刊ファイト紙はフィルポとのインタビュー記事に一面いっぱいを費やしていました。今でも捨てないで持っておりますが、読者の関心を心得ている、さすがは週刊ファイト紙! と喜んで下宿で読みふけったことを思いだします。



  • [145]
  • 80サマーアクションシリーズ(昭和55年・全日本)

  • 投稿者:ドゲンドルフ
  • 投稿日:2015年10月 5日(月)10時21分59秒
  • 返信
 
ブルーザー・ブロディが3度目の来日にしてピンのエースを任されたシリーズでした。(以前はFVエリック、BVラシク、Bロビンソン等と同時招聘) 半年前のPWF戦(G馬場が反則含みで2vs1)もこのシリーズでのUN戦(J鶴田1vs1から両リン)も微かな記憶しか有りません!やはり彼の淡白なファイトのせいなのでしょうか~ 私には全日本に出戻りJ鶴田からインターヘビーを奪取しファンと歓喜のアクションを示した試合が彼のクライマックスの様に思えます! また全日本に初参加のアーニー・ラッドが10年振りにG馬場とシングル実現、更に伝説の怪奇派マスクマン「ザ・コンビクト」の引率係だったパンピロ・フィルポ の久々のファイトも楽しみでした!が残念ながら日本人受けせずにテレビ登場は僅かだったはずです!(フィルポはなかなかの実力者でテキサス、デトロイト、ロスでタイトル保持。) 他のメンバー、デビッドソン兄弟、Dデヌーチ、Dサンマルチノもチョッと地味でした。

  • [144]
  • 新日本1973『闘魂シリーズ』

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年 9月 4日(金)00時16分55秒
  • 返信
 
>>84

> 前半戦のA猪木欠場による『坂口対Jパワーズ』

 現在の週プロ最新号で、この記念すべき最初の開催について触れてますね。

 (あるいは新日本初の田コロ大会でしょうか。)

 とにかくリベラ、パワーズ、バレンタインを揃えた、当時としては画期的なシリーズだったと。

http://8246.teacup.com/freeres/bbs/4618


  • [143]
  • 1979『ブラックパワーシリーズ』(全日本)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年 8月26日(水)23時34分5秒
  • 返信
 
>>76

> …「第1回チャンカン」の次の「ブラックパワーS」からブッチャーの狂い咲きが始まりましたね!!

 今日の日に行われた「夢のオールスター戦」を挟んだ、このシリーズはブラジル最後の来日でもありましたね。

 ブッチャーと組んでの新旧総帥コンビによるインタータッグ挑戦もですが、極道コンビのアジアタッグへの挑戦も意義深いと。

http://8246.teacup.com/freeres/bbs/1683


  • [142]
  • Re: 1977『第2弾サマーアクションシリーズ』(全日本)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年 8月22日(土)12時51分34秒
  • 返信
 
>>139

> 私は当時アメリカ中西部地区の人気者『タンク・パットン』だけは期待しました。

 今日はその前年にパットンがアジアタッグに挑戦した日ですね。

 今から見ればどうしても「デビアス唯一のアジアタッグ挑戦」が目を引きますが、当時としてはあくまで(インタータッグにも挑戦した)パットンが上と。

http://8246.teacup.com/freeres/bbs/1677


  • [141]
  • Re: 1977『第2弾サマーアクションシリーズ』(全日本)

  • 投稿者:ドゲンドルフ
  • 投稿日:2015年 8月19日(水)04時23分37秒
  • 返信
 
>>140 タイトルマッチ以外は「パットン」「ソト」「スウェード・ハンセン」「ザ・シャドウ」ですから?  テレビ収録用のマッチメイクも有ったモノでは無いですよ!(1シリーズに6回前後の収録ですから!?)~視聴率においては「マスカラス」等のメンバーでは、新日本の「上田馬之助」1人にも勝てませんよ!

  • [140]
  • Re: 1977『第2弾サマーアクションシリーズ』(全日本)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年 8月18日(火)21時21分35秒
  • 返信
 
>>139

> …日本テレビの担当プロデューサーも視聴率に絡み困惑した事でしょう?

 それでもこの時はあの伝説の鶴田vsマスカラスの田園対決があったわけですからね。

 この時の視聴率はどれくらいだったんでしょうか。

http://8246.teacup.com/freeres/bbs/1638


  • [139]
  • 1977『第2弾サマーアクションシリーズ』(全日本)

  • 投稿者:ドゲンドルフ
  • 投稿日:2015年 8月16日(日)08時49分46秒
  • 返信
 
全日の「サマーアクションS」は『ロビンソン初登場』『マスカラス兄弟』『ファンクス対シーク、ブッチャー』以外はインパクトが無く"ただ巡業やってます"といったイメージが強いのです! 7~8月には『NWA世界選手権』もスルーされていたはずです!?(『エキサイトS』『ジャイアントS』での開催が慣例でしたネ…) それにしても昭和52年の同シリーズの参加メンバーは酷すぎでした! まるでテーマが無く『国際』のレギュラーシリーズの如くでした!? ナニしろ前、後半のエースがマイペースで他のレスラーとのコラボなんて関係無しの双璧『マスカラス』『ロビンソン』でしたから!私は当時アメリカ中西部地区の人気者『タンク・パットン』だけは期待しました。他があの「偽ブラックデビル」の『マヌエル・ソト』、ロートル『スウェード・ハンセン』、さらにこのマスクマンを何故に開幕に遅れてまで招聘したのか首を捻る正しく員数扱い『ザ・シャドウ』でしたから!! この前シリーズ『第1弾~』と同じ低予算メンバーで、地方巡業が外人メンバーが僅か5名のみ!…日本テレビの担当プロデューサーも視聴率に絡み困惑した事でしょう?

  • [138]
  • Re: 『第3回NWAタッグチーム争覇戦』(1972)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年 8月12日(水)12時27分28秒
  • 編集済
  • 返信
 
>>136

> 次のシリーズに勿体無い扱いだった『コックス&Mストンパー』

 アジアタッグ挑戦の予定が、なぜか直前にストンパーからキニスキーに代わったんですよね。

 トロフィー時代の元王者コンビの挑戦というのも強力でしたが、欠場でもないのになぜ急に差し代ったかも気になります。

http://8246.teacup.com/freeres/bbs/516


  • [137]
  • Re: 第5回 IWAワールドシリーズ

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年 8月 3日(月)13時43分22秒
  • 返信
 
>>135

> …印象に残ったのは『ラーズ・アンダーソン』の手売り「Tシャツ」の光景です!?ほんと欲しかったのです!…

 アンダーソンと寺西が小林の連覇を阻止したんですよね。

 放送時間が短縮されてから急速に小林の扱いが悪くなったというのは本当でしょうか。

 以前に呼んだ本では、小林のプッシュはTBSの意向が大きかったので、TBSの撤退と同時に居場所が無くなったというのもありましたが。

http://8246.teacup.com/freeres/bbs/351


  • [136]
  • 『第3回NWAタッグチーム争覇戦』(1972)

  • 投稿者:ドゲンドルフ
  • 投稿日:2015年 7月30日(木)12時39分58秒
  • 返信
 
度々ネタにしましたが、しかし余りにもしょっぱい参加メンバー!?(『ホッジ』『ロイヤル』らの実績は問題無いのですが…) 当時小学生の私も、行き当たり張ったりのフロントのブッキングに閉口しました!!…せっかく凱旋帰国の『高千穂』とニューエース『坂口』とのフレッシュコンビを売りにしても、ファンが喜びマスコミが食い付く外人チームが皆無では!?… 『ハミルトン兄弟(ラリー&ジョー)』を決勝戦に宛がうセンスが酷いのです?『WVエリック&FVゲーリング』も唐突にって感じで地味なドイツギミックチームでした!?… このリーグ戦の前後のシリーズに『モンゴルズ』『ゴードマン&ゴリアス』『カンガルーズ』等のネームヴァリュー有るチームを招聘しておきながら「タッグの祭典」が華の無いチームだらけでは!?…どうせなら次のシリーズに勿体無い扱いだった『コックス&Mストンパー』を前倒し参加させたら多少はインパクトが有り、テレビ視聴率にも影響が有ったのでは?…前年度も『コワルスキー&オースチン』のロートルコンビがエース格でしたからホントにファンの期待を裏切るリーグ戦のプランニングでした!

  • [135]
  • Re: 第5回 IWAワールドシリーズ

  • 投稿者:ドゲンドルフ
  • 投稿日:2015年 7月24日(金)08時20分46秒
  • 返信
 
>>134…この『第5回…』は地元で生観戦(確か中学の友人と4~5人で!)していたのですが…印象に残ったのは『ラーズ・アンダーソン』の手売り「Tシャツ」の光景です!?ほんと欲しかったのです!… リーグ参加の『Mショーラック』『Dルイス』『Wホール』なんて名レスラーですが、この前後のシリーズと比べてかなり地味なメンバーでした? AWAと提携の末期でしたが、御大『Vガニア』も久々の来日していたのですから、あと1人のビッグネームは欲しかったのです!(『第4回』が豪華絢爛の極みでしたので~) 『Bロビンソン』の1年振りの来日ならベストでしたし充分可能だったのでは? また『BJランザ(マリガンとは別ブロックにして地方で「ブラックジャックス」でカードを強固に!)』『BVラシク(前回の雪辱!)』等の中から1人でも… まぁ『ロビンソン』では日本サイドから優勝者は難しいのですが『マリガン』『アンダーソン』の乱入で問題無し!?では?

  • [134]
  • 第5回 IWAワールドシリーズ

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年 7月19日(日)18時02分33秒
  • 返信
 
>>81

> ②国際第4回ワールドシリーズ(ロシモフ・ジョナサン・ラシク)

 この翌年に行われた大会。

 この時点では事実上の放送打切予告といえる、土曜昼へ時間移動させられていたと言われるだけに、なぜそれが決定する前のいつもの時期に行われなかったのかというのも謎の一つと。

  • [133]
  • 全日本プロレス・ジャパンプロレス業務提携1周年記念特別興行「6・21スペシャル・ウォーズin武道館」

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年 6月21日(日)21時35分27秒
  • 返信
 
>>99

 ちょうど三十年前の今日に行われた特別興行。

 全日本勢としては、実に六年前のオールスター戦以来の武道館であるが、これが続く一連の武道館興行の重要な第一歩となる。

  • [132]
  • Re: 技巧派もノーテクも!?

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年 6月 6日(土)21時48分48秒
  • 返信
 
>>131

> 『スタッド』は『猪木』『藤波』『長州力』の新日本クリーンアップとのバトルでは本領発揮は難しかったと思います!! 『坂口』『カーン』『R木村』とは馴染んでもブラウン管に映らなければ日本でのランクは微妙になりますから?

 その意味では前田との公式戦もテレビで見たかったですね。

 実はスタッドが勝っているという点も含めて。

  • [131]
  • 技巧派もノーテクも!?

  • 投稿者:ドゲンドルフ
  • 投稿日:2015年 6月 6日(土)16時09分46秒
  • 返信
 
>>130…私は『ホッジ』『ブリスコ』『Mレスリング』『オコーナー』等のクラシカルな技巧派と同等に真逆なノーテクどっしりタイプ『アベンジャー(モロウスキー)』『コロフ』『ハングマン(Nグワイ)』『スタッド』『ムラコ』も好みでして!? 『スタッド』は『猪木』『藤波』『長州力』の新日本クリーンアップとのバトルでは本領発揮は難しかったと思います!! 『坂口』『カーン』『R木村』とは馴染んでもブラウン管に映らなければ日本でのランクは微妙になりますから? しかし全日本は『スティング』『テリー・テイラー』『ニキタ・コロフ』『Mオリンピア』と同様に『スタッド』も使い方をしくじりましたね!?

  • [130]
  • Re: もし「チャンカン」になったら!?

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年 6月 5日(金)19時52分36秒
  • 返信
 
>>129

>  「マクダニエル」「スタッド」「桜田」は貧乏クジ状態になりかねますし… 夢のままで良かったのです!

 スタッドは後に新日本のIWGPで重要な初期常連をやってましたよね。

 あそこでの星取りぶりもなかなかに微妙でしたが。

  • [129]
  • もし「チャンカン」になったら!?

  • 投稿者:ドゲンドルフ
  • 投稿日:2015年 6月 5日(金)16時12分43秒
  • 返信
 
>>128…しかし「テリー」「ロビンソン」「マードック」「マクダニエル」「ブッチャー」「カマタ」「スタッド」等で『チャンカン』になったら! 必然的に「アベンジャー」「アステロイド」のマスクマンはブッチャー軍団に押入れられ!? でも「馬場」「鶴田」を含めトップ集団はドローばかりで混沌としますねぇ~ 「マクダニエル」「スタッド」「桜田」は貧乏クジ状態になりかねますし… 夢のままで良かったのです!

  • [128]
  • Re: 80ジャイアントシリーズ(全日本)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年 6月 4日(木)20時51分45秒
  • 返信
 
>>127

> …ちょうど「鶴田」「ブッチャー」「テリー」の三竦みの『UN選手権』が無ければ「スタッド」が「鶴田」のチャレンジャーに選抜された可能性が有ったかも知れません

 既にPWFを戴冠している、ブッチャーのUN挑戦&奪取は意外なポイントでしたよね。

 ただし当時のブッチャーのアイドル的人気を考えれば、むしろハマリという感じ。

 どうせなら前年の最強タッグで好勝負を展開した、ワフーとの対戦とかやってほしかったですが。

http://8246.teacup.com/freeres/bbs/2693


  • [127]
  • 80ジャイアントシリーズ(全日本)

  • 投稿者:ドゲンドルフ
  • 投稿日:2015年 6月 2日(火)12時07分48秒
  • 返信
 
このシリーズは全日本の豪華外人の極みともいえるメンバーが集いました!トホホな外れ外人も無く、伝説の「オープン選手権」に準ずるモノでした! また「テリー・ファンク」が3年後の引退を告白しています!…前半戦「ロビンソン」、後半戦「テリー」「マードック」が特別参戦。 また「ブッチャー」「マクダニエル」「カマタ」「アベンジャー」「アステロイド(Sアーウィン)」更に期待の新人「BJスタッド(カードに工夫が無く宝の持ち腐れ)」そして「ミスターフジ」を日本サイドに組み込む暴挙が!?… せっかく「ミスター桜田」が凱旋帰国していたのに持上げるカードが無く彼も不信感を募らせたのでは?(「対ブッチャー」「対マクダニエル」なんか組むべきでしたね!)…ちょうど「鶴田」「ブッチャー」「テリー」の三竦みの『UN選手権』が無ければ「スタッド」が「鶴田」のチャレンジャーに選抜された可能性が有ったかも知れません!…『馬場、鶴田対ロビンソン、マクダニエル(元AWA世界タッグチーム)』『テリー、マードック対ブッチャー、カマタ(因縁の犬猿マッチ)』などのマスコミ受けするカードも組まれました!…しかしこのメンバーをフルに生かし『世界最強タッグ』にしてもインパクトが有ったはずです! 『テリー&マードック(ファンクスより機動力が上では)』『ロビンソン&マクダニエル』『ブッチャー&カマタ』『アベンジャー&アステロイド』『スタッド&(ザ・シークなら文句無し)』『桜田&フジ』『馬場&鶴田』ホント凄いですね!

  • [126]
  • Re: 日本プロレス「ブルファイター列伝」!?

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年 5月20日(水)20時25分56秒
  • 返信
 
>>125

> …『ブッチャー』はノンタイトルで『馬場』『坂口』から数回フォールを奪い、更に「インターヘビー」でも反則含みでの負けでしたので、一躍スターダムへ!

 ここまでの一大飛躍としては、それこそ「第二回MSGシリーズ」でのハンセンくらいでしょうか。

 まさにシリーズが進むにつれてグングン上がって行くという感じで。

  • [125]
  • 日本プロレス「ブルファイター列伝」!?

  • 投稿者:ドゲンドルフ
  • 投稿日:2015年 5月20日(水)05時06分41秒
  • 返信
 
>>124…私は残念ながら『ジェス・オルテガ』のファイトを観る機会に恵まれませんでしたが「インターヘビー」には『力道山』『馬場』の相手に指名されていますのでブルファイタータイプで重宝がられたと思います!?…当時は『ブラッシー』『デストロイヤー』等と並ぶ集客力が有ったのでは?…その後『Mショーラック』『キング(プリンス)イヤウケア』『ブル・ラモス』等が同タイプの「賑やか師」として地方大会の人気者でした!…『ブッチャー』の初来日時は期待のニューカマー『カール・ハイジンガー』のお粗末な結果が逆に効を奏したと思います!(ほんとに『ハイジンガー』にはガッカリでした!!NET初戦生中継で『坂口』に完敗!)…『ブッチャー』はノンタイトルで『馬場』『坂口』から数回フォールを奪い、更に「インターヘビー」でも反則含みでの負けでしたので、一躍スターダムへ!

  • [124]
  • Re: 『第13回ワールド大リーグ戦』(1971/日本プロレス)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年 5月19日(火)19時00分26秒
  • 返信
 
>>123

> …とにかくリーグ戦を引っ張るエース外人が3人(デストロイヤー、コックス、ブッチャー)を揃えたのが異例でした!! 当時の日本での実績、人気ではこの順列でした!…

 それでも最終試合に登場したのが僅か二度目の来日であるブッチャーだったというのが凄いですよね。

 この辺りは二年前のマルコフみたいな物だったのかもですが「その後」が違い過ぎと。

  • [123]
  • 『第13回ワールド大リーグ戦』(1971/日本プロレス)

  • 投稿者:ドゲンドルフ
  • 投稿日:2015年 5月19日(火)16時01分7秒
  • 返信
 
44年前の今日があの猪木のフライング気味の『馬場挑戦発言』の導火線となった優勝決定戦が行われてました! 私、以前もあちらこちらで書き込みしましたが…とにかくリーグ戦を引っ張るエース外人が3人(デストロイヤー、コックス、ブッチャー)を揃えたのが異例でした!! 当時の日本での実績、人気ではこの順列でした!… 多分、前年度のリーグ戦が地味過ぎて集客に苦労したフロントの苦肉の策だったと推測しますが?(ジョナサン、マルコフ、コンビクトですから外人サイドの成績が見越せました!)…第13回は他のメンバーが「Jルダック、Mマイク、Rメンドーサ、Gネルソン、Aモスカ、Nボルコフ(初代)」更にご丁寧にルダック負傷帰国のピンチヒッター「Jターコ(そんなの呼ばなくても!?)」ですから地方大会もボリュームアップ! しかしトップ3に遠慮して、前年の「Dサベージ」の様なダークホースは創りませんでしたネ!…しかし2人削ってもリーグ戦ならではキワモノタイプは欲しかったのですが?(当時なら「ジョージ・スチール」「ブルドッグ・ブラワー」を前倒し招聘しても面白かったと思います!「Cブル・ペドウ」なら文句無しタイムリーでしたが…) 私が印象に残っているのは優勝決定戦よりも、直前の「猪木対コックス(公式戦2戦目)」のNET生中継でした! 取り敢えず「コックス」に疑惑の勝ちを与えて彼のステイタスを保たせ、土壇場「猪木」に優勝決定戦のキップのシーンはお見事でした!


レンタル掲示板