• [0]
  • プロレス(の出てくる)作品を紹介するスレ

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2014年 3月15日(土)00時23分11秒
 
とにかく僅かな登場でも結構です。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [29]
  • 愛しのボッチャー

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2019年 8月14日(水)21時37分30秒
  • 返信
 
>>10

これもまた歴史に残るプロレス漫画。

通いの床屋に少年マガジンが置いていたので、いつも読んでいた物でした。

  • [28]
  • 門茂男のザ・プロレス (角川文庫)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2018年 1月31日(水)22時43分29秒
  • 返信
 
>>16

ずいぶん昔に本屋で立ち読みした、いわゆる「真実」シリーズ。

今からすれば実に四十年以上も前の逸話が多く紹介されてましたが、自分的にまだ記憶に残ってるのは、吉村と沖識名のそれぞれの引退興行についての部分でしょうか。

  • [27]
  • 昭和40年男 2月号

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2016年 1月19日(火)19時09分41秒
  • 返信
 
>>7

今回は「猛虎伝説」特集。

時代的に合うのは、むしろ最初の漫画&アニメでしょうが。

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/anime/8380/1293764963/l50


  • [26]
  • Re: またまた「NHK」がプロレスを!

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年11月11日(水)15時37分56秒
  • 返信
 
>>25

> 明後日「11日(水)」の午後9時からBSプレミアム『ザ・プロファイラー』(60分枠)で「心優しき巨人の挑戦~ジャイアント馬場」が予定されています。

 いよいよ今日ですね。

 馬場という存在が、いかに大きな存在かというのを改めて実感です。

  • [25]
  • またまた「NHK」がプロレスを!

  • 投稿者:ドゲンドルフ
  • 投稿日:2015年11月 9日(月)13時36分1秒
  • 返信
 
明後日「11日(水)」の午後9時からBSプレミアム『ザ・プロファイラー』(60分枠)で「心優しき巨人の挑戦~ジャイアント馬場」が予定されています。司会が「岡田准一(V6)」(大丈夫かな?)他の出演は「大ぬきケンジ」「馬場園梓(女芸人)」「逸見愛」となっています!… 以前「ブラッシー」「東郷」などの悪役レスラーをシリーズで特集(MC森達也氏)して懐かしく想い、また何か~と期待していたばかりで楽しみですけど…ゲスト出演者が微妙なのです?(精神科医「香山リカ」なんて適任なのですが…) もう1人プロレス関係者が欲しい気がしますが、どうなるやら!?

  • [24]
  • Re: 今回は『国際、金網デスマッチ』で6ページ!!

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年 9月21日(月)20時34分10秒
  • 返信
 
>>23

> 「金網依存、そして国際プロレス崩壊」

 金網のおかげで国際が崩壊したのか、それとも金網のおかげであそこまで持ち堪えたのか。

 この辺りはなかなかに微妙ですよね。

  • [23]
  • 今回は『国際、金網デスマッチ』で6ページ!!

  • 投稿者:ドゲンドルフ
  • 投稿日:2015年 9月12日(土)14時30分28秒
  • 返信
 
お馴染み昭和レトロカルチャーマガジン『昭和40年男』(奇数月11日発売)でまたまたプロレス特集が有りました! 間違いなく編集サイドにマニアがいらっしゃるでしょう!! 今回は最適人の名ライター『門馬忠雄氏』による「金網依存、そして国際プロレス崩壊」が堂々の6ページ!! 『R木村対ザ・キラー』のチェーンデスマッチの白黒ショットが泣かせます!?

  • [22]
  • Re: 『ジャイアント台風』で確か…

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年 8月 4日(火)22時41分5秒
  • 返信
 
>>21

 実際の馬場は遠征時代にカリーと戦った事は無かったみたいですね。

 だから本当に戦ったのは、唯一の来日である第六回ワールド大リーグ戦の時のみ。

 願わくば当時「唯一の王座」だったアジアタッグにも絡んでほしかったです。

  • [21]
  • Re: 『ジャイアント台風』で確か…

  • 投稿者:ドゲンドルフ
  • 投稿日:2015年 7月31日(金)04時17分31秒
  • 返信
 
>>20…「セメント」でしたか!? 私もそんな記憶も有ったのですが、それじゃあ死んじゃうナァと思ってました? 「コミック」ですから「セメント」で正解ですよね!!

  • [20]
  • Re: 『ジャイアント台風』で確か…

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年 7月30日(木)22時37分54秒
  • 返信
 
>>19

>  『ブル・カリー』は泥の満タンドラム缶に頭から逆さに放り込まれてKOされていた様な…

 確かセメントだったような気もしますね。

 それこそ同時期の『タイガーマスク』でもやらないような。

  • [19]
  • 『ジャイアント台風』で確か…

  • 投稿者:ドゲンドルフ
  • 投稿日:2015年 7月26日(日)06時35分11秒
  • 返信
 
このコミックは「少年サンデー」でしたか「少年キング」か忘れましたが連載中は必ず買っていました!(私は立読みはせずに同誌の他の連載漫画には全く無視して『ジャイアント台風』だけの為に…) この連載末期に『馬場、Bブラジル対Bサンマルチノ、ビル・ミラー』の様なカードが有った様に記憶しており無性に見返したくなっています!?… あと記憶にあるのはテキサスでの『ブル・カリー』『トロベリノ・ブロンコ』『FVエリック』のデスマッチ3連戦です! 『ブル・カリー』は泥の満タンドラム缶に頭から逆さに放り込まれてKOされていた様な…

  • [18]
  • 語れ! 全日本プロレス (ベストムックシリーズ・86)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年 6月21日(日)12時55分34秒
  • 返信
 
>>14

 最近出た「全日本」本。

 ただし正確に言えば「馬場全日本」本であり、天龍の引退とも連動か。

 アジアタッグについて触れてくれるのは嬉しかったが、ジュニア関係はほとんど無しと。

  • [16]
  • 1976年のアントニオ猪木

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年 2月17日(火)19時23分5秒
  • 返信
 
亡くなったルスカに関しては、まさにこれ以上の物は無いという感じですね。

とにかくその人生は凄絶と。

  • [15]
  • 教養としてのプロレス (双葉新書)

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2015年 1月26日(月)19時23分54秒
  • 編集済
  • 返信
 
現在プロレスファンで話題の模様の一冊。

「教養」という点が、いかにも鼓舞する感じで。

  • [14]
  • Re: 前触れ無しに『1964年のジャイアント馬場』って!?

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2014年11月26日(水)12時59分54秒
  • 返信
 
>>13

> 実際、手に取ると満足出来ます!…また「G-SPIRITS」単行本シリーズの『東洋の神秘/ザ・グレートカブキ自伝』も発売3週間ですがかなりの売れ行きみたいですね!!

 自分は昨日買いましたが、確かに貴重で重要でしたね。

 特に「グレート東郷」と「バディ・ロジャース」に関わる部分とか。

  • [13]
  • 前触れ無しに『1964年のジャイアント馬場』って!?

  • 投稿者:ドゲンドルフ
  • 投稿日:2014年11月24日(月)12時39分58秒
  • 返信
 
先ほど、ぶらりと書店に入り「KAMINOGE最新号」と「ゴング格闘技」を流し詠みするつもりでスポーツ専門書棚で見つけビックリ仰天!… あの『1976年のアントニオ猪木』を執筆した「柳澤健氏」が「双葉社」から堂々590頁のボリュームでG馬場の米国武者修行をテーマに編集してあります!(「週刊大衆」に連載された内容に加筆+「Bサンマルチノ」のインタビュー取材有り)… 「\2052」とチョッと高額ですが実際、手に取ると満足出来ます!…また「G-SPIRITS」単行本シリーズの『東洋の神秘/ザ・グレートカブキ自伝』も発売3週間ですがかなりの売れ行きみたいですね!!

  • [12]
  • 悪役ブルース

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2014年11月 3日(月)12時26分36秒
  • 返信
 
 梶原一騎最後のプロレス作品。

 本人の事件の関係で中断したが、この時点での私生活の荒れもあってか、ひどく散漫な印象も強い。

 しかし当時の「新国際軍団」の登場には驚きました。

  • [11]
  • 英雄失格

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2014年 8月14日(木)11時28分16秒
  • 返信
 
というか序盤の「怒れるネッシー」編。

とにかく文庫での復刻希望のトップが本作です。

  • [10]
  • プロレススーパースター列伝

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2014年 7月26日(土)16時32分38秒
  • 返信
 
 自分が本格的なプロレスファンになった契機の作品。

 最初に見た記憶は、雑誌でのブッチャー編ですが、テレビ中継まで見る気になったのは、やはりBI砲編で。

  • [9]
  • 格闘技世界一 四角いジャングル

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2014年 6月 8日(日)14時12分39秒
  • 編集済
  • 返信
 
 「この劇画は現実の格闘技界の動きに基づいて作られている!」

 この刺激的なフレーズこそが、まさに梶原マジックの醍醐味という感じでしたね。

 猪木vsウィリーに向けての、様々な動きが焦点だったわけですが、「夢のオールスター戦」に触れた部分も強烈で。

  • [8]
  • キン肉マン

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2014年 5月10日(土)14時08分3秒
  • 返信
 
 最初はウルトラヒーロー的な作品だったのが、いつのまにかリングを舞台にした、プロレス系漫画に。

 やはり転換の鍵は「テリーマン」の登場か。

  • [7]
  • タイガーマスク

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2014年 4月 5日(土)18時29分28秒
  • 返信
 
MXテレビでの放送が終了。

再放送が初見でしたが、とにかくあの最終回は強烈でした。

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/anime/8380/1293764963/l50


  • [6]
  • リッキー台風

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2014年 3月17日(月)13時41分24秒
  • 返信
 
 「なんだなんだ。ルー・テーズに馬場、猪木。それにカール・ゴッチも出てくるらしいぞ」
 「いったいどうなってるんだ。この漫画は~」

 まさにそういったノリの、プロレス漫画の傑作。

 とにかく最大の必見は、まさにガチ全開なゴッチの描写ぶりか。

  • [5]
  • Re: タイガーマスク二世

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2014年 3月15日(土)23時00分39秒
  • 返信
 
>>4

> 実際のハンセンはそんなことはしません。

 漫画版では、アンドレとの「地上最強コンビ」で猪木&タイガーに敗れてますよね。

 それで黒幕のハッサンが「地上のレスラーでは駄目だ」と、「地下プロレス」からの刺客を送り始めると。

  • [4]
  • タイガーマスク二世

  • 投稿者:無我
  • 投稿日:2014年 3月15日(土)21時28分52秒
  • 返信
 
スタン・ハンセンがデビル・ピューマ(ウイリー)との試合で苦し紛れに急所打ちをし、反則負けしたとのこと。

実際のハンセンはそんなことはしません。

  • [3]
  • Re: 空手バカ一代

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2014年 3月15日(土)20時38分47秒
  • 返信
 
>>2

> 私的にアニメ版ではケン飛鳥と五十嵐丈ですかね。

 自分も、あの二人で動いていた時期あたりが一番好きですね。


> グレート東郷の声がバカボンのパパの声優さんだったり。

 そしてロゴスキーが『ギャバン』のドン・ホラー。

 まさに元祖「魔空空間」の戦いと。

  • [2]
  • Re: 空手バカ一代

  • 投稿者:無我
  • 投稿日:2014年 3月15日(土)18時48分27秒
  • 返信
 
>  もっとも最初に見たのはアニメでしたが、力道山やグレート東郷も出てくる展開がファンにはたまらない。

私的にアニメ版ではケン飛鳥と五十嵐丈ですかね。グレート東郷の声がバカボンのパパの声優さんだったり。

  • [1]
  • 空手バカ一代

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2014年 3月15日(土)00時27分25秒
  • 返信
 
 自分として「格闘漫画」となれば、まず真っ先に出てくる作品。

 もっとも最初に見たのはアニメでしたが、力道山やグレート東郷も出てくる展開がファンにはたまらない。

 なかでも傑作は「地下プロレスの帝王」イワン・ロゴスキー。

 実際、後にボックが出現した時、ロゴスキーを連想したファンは結構多かったのでは。


レンタル掲示板