投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [173]
  • Re: ハンセン戦がターニングポイントだったのですね!

  • 投稿者:JIN
  • 投稿日:2018年 2月 6日(火)22時36分48秒
  • 編集済
  • 返信
 
>>172


> 名誉の玉砕ですか・・・・・・。
> はい、JINさんの褒め言葉と解釈しておきます(^^♪

もちろん褒め言葉のつもりです。

あの時の倉持アナの「ドリーが死ぬか!?」「なんと凄い男でしょう!」の絶叫も忘れられません。

それこそセコンドのハンセンの存在すら忘れるくらいに。

その七年後のハンセンとゴディを相手にこちらも玉砕の天龍も凄かったですが。


> 大晦日の番組を見られて、色々思われたことが有ったでしょうね。
> 私は「昔は良かった」という、短絡的な懐古主義で片づけられないものを感じました。

馬場の巨体と思えぬスピード感が凄いの一言ですよね。

あとリズムの取り方が今では見られない独特の物というか。

今日と明日で再放送ですが、まだ未見の明日の方がとにかく楽しみです。


> 大技を連発しなくても、名勝負は生まれるんです。
> それは、時代など関係ないと思いますが、いかがなものでしょう。

十年ばかり前の両国の三冠戦で、健介がみのるに対して冒頭十分近くもヘッドロックを掛け続けた試合も凄かったですね。

観客もヤジを飛ばさず、緊張あふれる攻防を見せてました。


> 手拍子が起きると、観戦してて気持ちが乗りますね☆

選手の入場曲の代表となると、やはり「スカイ・ハイ」と「ドラゴン・スープレックス」ですよね。

それもやはり大ヒットの一因か。


> そう言えば以前、谷津嘉章が「新日本の試合というのはバラバラだけど、全日本に行って試合を組み立てる面白さを知った」と、インタビューで答えてました。
> 攻めていると強そうに見えますが、実は受けの凄みこそプロレスの醍醐味というのを、新日本ファンは余り理解してない様な気がします。

まさに「凌ぎ合い」なんですよね。

それが醍醐味にもつながると。

http://8246.teacup.com/freeres/bbs/8616