teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:27/1658 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

8/18(sat) Kuikomi presents 『Hyper!』

 投稿者:東高円寺Grassroots  投稿日:2018年 8月18日(土)20時20分44秒
  通報 編集済
  今夜はDJ KUMIKOがしかけるKuikomi presents 『Hyper!』ナイト!!
LIVEにはお久しぶりのRHYDA、DJにはGRASSROOTS満を持してMAS aka SENJU-FRESH!が初登場!!
そして、名古屋からCONOMARKも駆けつけてくれてDJ KUMIKOがくいこむサマーマッドネスな一夜です。ぜひ!!

8/18(sat) Kuikomi presents 『Hyper!』
23:00
LIVE:
RHYDA

DJ:
CONOMARK
MAS aka SENJU-FRESH!
KUMIKO



【RHYDA】
武蔵野レペゼン、not Pimp not Thug but Forever Young & Pretty Naughty Boy。一応ラッパーであるが、それ以外に彼の表現を現す言葉が今現在のところ発見されていない、だから「一応」ラッパー、完全なる天性のMC。友達は彼を天才と認めているが、調子に乗るので誰も本人には言わない。2012年にリリースされたキャリア初のフルアルバム『FREEWHEELIN' THE HIGHFIELD』から、同じく吉祥寺~そして長野は松本を拠点に夜を揺らし続ける極上HIP-HOPチームMEDULLAのMC・ILL-TEEのアルバム『ICE CREAM DREAM』や、DJ SEROWのdisk union限定でリリースされたMIX『BLACK WASTES OF MNM』、盟友VLUTENT ALSTONESのVOLOのソロアルバム『十』やpiz?のソロアルバム『3212』、更にはシカゴハウス/ジュークシーンのレジェンドであり生みの親”TRAXMAN”のコンピ作品などへの客演参加、2014年に制作された一枚の自主EP『Cool Cool Bio』を経て、昨年の10月14日(土)CASSETTE STORE DAY 2017には単独作としては約5年振りとなるEP「UPSET!」を同じく吉祥寺を拠点とするレコードショップ・toosmellrecordsよりリリース、更に12月には立て続けに近年のRHYDAきってのキラーチューンと言える「KUNG-FU JAMMIN'」を限定200枚7”EPでリリースし、どちらも即完売させ現在では入手困難と化している。そして2018年2月21日(水)フルアルバムとしては約6年振りとなる2nd full album「THE GREAT FISHY SOUL」をリリース。この作品を皮切りにこの2018年を燃え上がらせるべく様々な計画を目論み中。




【DJ MAS aka SENJU-FRESH!】
90年代のHIP HOP最盛期にDJ BEAT、DJ KENSEIらに魅了され、DJとしてのキャリアをスタート。
その後、老舗レコード店シスコ渋谷店のHIP HOP担当バイヤーとなる。 シスコ在籍時には、DJ SHADOW & CUT CHEMISTを店舗に招いたのを皮切りに、LARGE PRO、JURASSIC 5、OZOMATLI、BLACKALICIOUS & QUANNUM MC'S、Z-TRIP、XZIBIT、X-ECUTIONERS、DJ SWAMPら、個性豊かなHIP HOPレジェンズたちのインストア・ライブを敢行。 当時の日本のレコード店のストイックなイメージを一気にお祭り空間に変貌させた、根っからのパーティー人間である。 シスコ渋谷店“最後の店長”となり、閉店イベントでは、THA BLUE HERBのILL-BOSSTINOを迎えた通称シスコ坂でのゲリラ・ライブを実現。 多くのヘッズを熱く沸かせた。
現在は東京で魚河岸の若旦那としてFRESH!な魚を売る傍ら、音楽/アート/スポーツなど下町発信のストリート・カルチャーにどっぷり身を埋めて自身のスタイルを日々探究中。 過去7回開催した自身主催のイベント 『千住フレッシュ八古屋ナイト』 は、今や“下町最強のブロック・パーティー”と称され注目を集めている。『横綱BLACK』(2013)、『THE BLACKBOARD』(2015)の2作をリリースしている。

http://green.ap.teacup.com/grassrootstribe/

 
 
》記事一覧表示

新着順:27/1658 《前のページ | 次のページ》
/1658